カネイワ醤油本店の話

カネイワ醤油本店の話、本物の醤油
  • 醤油一覧
  • 調味醤油一覧
  • だし醤油一覧
  • ポン酢

カネイワ醤油本店

カゴの中を見る
醤油一覧
カネイワ醤油TOP > カネイワ醤油本店

醤油発祥の地

醤油発祥のお寺醤油のルーツは、古代中国の「醤(ひしお)」であるといわれています。

「醤(ひしお)」とは広い意味で「食品の塩漬け」のことを指します。
つまり、醤(ひしお)の始まりは食品を塩漬けにして保存したものから始まりました。
果実、野菜、海草などを材料にした「草醤(くさびしお)」と呼ばれるもの、魚を使った「魚醤(うおびしお)」や肉を使った「肉醤(ししびしお)」、穀物を原料とする「穀醤(こくびしお)」などがありました。

「草醤(くさびしお)」はお漬物の原点、「魚醤(うおびしお)」は日本ではイカの塩辛などが有名ですね。日本における醤(ひしお)の起源は、魚や植物を塩漬けにして保存した縄文時代まで遡ることができるそうです。
さて、お話を戻しまして、醤油の原点は、その中でも米・小麦・大豆を使用した穀醤(こくびしお)が原型と考えられています。(それにちなんで、カネイワ醤油本店の生醤油は「穀醤(こくびしお)」の名前をいただいています)。

味噌から醤油へ

径山寺13世紀頃、南宋鎮江(現中国江蘇省鎮江市)の径山寺で作っていた、刻んだ野菜を味噌につけ込む径山寺味噌の製法を、紀州(和歌山県)の由良興国寺の開祖法燈円明國師(ほうとうえんめいこくし)が伝え、紀州・湯浅周辺に径山寺味噌作りが広まったといわれています。

このお味噌は現在の「金山寺味噌」のことです。

この金山寺味噌を作る際に出来る、味噌の溜(たまり)を調味料として使うとおいしいことを発見したことから、液体の醤油作りが始まりました。そして、紀州・湯浅で生まれた醤油の製法はその後も発展、全国に広がっていったといわれています。

日本の醤油事情

醤油醸造現在日本全国に醤油屋は1500軒近くありますが、本当に原料を仕入れてから製品までを一貫生産している醤油屋は最大手キッコーマンから小さな町の醸造元まで入れても一割強、つまり約150軒〜160軒ほどしかないと言われています。

その理由は醤油醸造にかかる時間。

醤油の原料である大豆のたんぱく質と小麦のでんぷんが発酵・熟成し、絶妙の調和を生み出すには、長期間にわたる発酵・熟成の時間が必要です。 それは、非常に手間がかかり大量生産には向かない方法です。しかし、そこには自然の力と時間によってはじめて生まれる「色・味・香り」の絶妙なバランスがあり、繊細で複雑な深い味わいがあります。カネイワ醤油本店は、そんな日本の味を支える醸造文化を今に伝える数少ない手造りの醤油醸造元の一つです。

カネイワ醤油本店

醤油造りカネイワ醤油本店の初代店主は明治時代後半に醤油の製法を醤油の生まれ故郷に程近い場所、湯浅醤油で名高い紀州・湯浅で学びました。

醤油醸造技術を身につけた後、自分自身での醸造蔵の設立を望んだ初代はその蔵の設立地に金屋町(現在の有田川町)を選びました。 その理由は、世界遺産にも登録される熊野古道を抱く紀伊山地、高野山系から湧き出る良質の水。 その水を醤油醸造に使うためにこの地に蔵の場所を求めたのです。

さらにこの地は鎌倉時代における仏教に新しい生命を与えた高僧である伝明恵上人の生誕の地でもありました。
カネイワ醤油本店の初代がこの地に根を下ろし、醤油醸造を始めたのは大正元年。

以来100年、この地でカネイワ醤油本店は豊かな自然に囲まれ、美しい水が流れる有田川の支流をすぐ隣に見る古い佇まいのカネイワ醤油本店の「醤油醸造所」の建物の中では、伝統的な大きな木樽による昔ながらの製法で季節を越えながら天然発酵熟成を続ける醤油たちが今日も生きています。

大量生産では決して出せない本物の味と香り、そして旨みを醤油の本場「紀州有田」からカネイワ醤油本店は自信を持って、今日も皆様にお届けさせていただいております。

醤油まめ知識

日本の醤油には長い歴史があり、各地で独自の風味や味わいを持つ醤油が開発されてきました。日本農林規格(JAS)では、製造方法、原料、特徴などから、「こいくち」「うすくち」「たまり」「さいしこみ」「しろ」の5種類に分類されています。そのうちカネイワ醤油本店が醸造しているのは「こいくち」と「うすくち」です。

醤油は八つの季節を越える
  • カネイワ醤油本店
  • 醤油は8つの季節を越える
  • 醤油の麹
  • 醤油造りの風景
  • カネイワ醤油スタッフ
  • 醤油の力
  • カネイワ醤油本店の醤油たち
  • 醤油への新しい取り組み
カネイワ醤油本店の百周年プロジェクト

カネイワ醤油本店のノベルティグッズ

カネイワ醤油本店Tシャツ カネイワ醤油本店Tシャツ
カネイワノベルティにTシャツが登場です。
スタッフ全員が着用している紺色のTシャツで、プリントパターンは2種類。
先進的なデザインのものと古きよき時代をモチーフにした版画調のデザインがございます。フロントとバックの両方にプリントがあります。

カネイワ醤油本店の前掛けカネイワ醤油本店の前掛け
昔から、酒屋さんや醤油屋さんが身に着けてきた前掛け。
藍色に染めた帆布で作られたこの前掛けは、非常に丈夫で使い込めば使い込むほど味がでて馴染んできます。
今見るとどこか懐かしい雰囲気がするかもしれません。

カネイワ醤油本店前掛けエコバッグカネイワ醤油本店前掛けエコバッグ
丈夫な藍染の帆布で作られた前掛けをエコバッグにしました、紐の部分も前掛けと同じです。素材が前掛けと同じだからすごく丈夫! 携帯電話やお財布の入るインナーポケットも付いてお買い物用のECOバッグとしてはすごく便利。 サイズは2種類。前掛けを2枚使ったものと、1枚の前掛けから作ったものがあります。


カネイワ醤油本店のオススメ醤油

黒豆100醤油
お醤油お試しセット
長寿養生醤油 卵かけご飯の醤油
しらす丼の醤油 めんつゆ カネイワ醤油本店のギフト
にんにく醤油 復刻醤 金剛空海醤油

お醤油お買い物ガイド簡略版ガイド
ご注文メールについて お支払いについて 送料・お届けについて
「カネイワ醤油本店」では、お客様からいただきましたメールへのお返事は、必ず2営業日以内に返信させていただいております。
商品の発送は受注から2、3日頂いております。
ご注文の際には正しくメールアドレスをご記入されているかご確認ください。ご注文後のご連絡がとれず、ご迷惑をおかけいたしますのでよろしくお願い申し上げます。
万一、メールをお送りいただいたにも関わらず、当店より返信が届かない場合は、大変お手数をお掛け致しますが、再度ご連絡下さいます様、お願い致します。
土曜日、日曜日はメール返信、発送業務をお休みさせて頂きます。
お急ぎの場合は、電話注文(0120-33-2149)をご利用下さいませ。

お支払方法は5種類ご用意しております。

クレジットカード支払い
ご利用可能なクレジットカード
クレジットカード VISA/Master/NICOS/UFJ/DC/JCB/AMEX/Diners
代金引換
手数料315円が必要です。
銀行振込
先払いになります。
振込手数料をご負担ください。
郵便振替
先払いになります。
振込手数料をご負担ください。
コンビニ振込
先払いになります。
手数料315円が必要です。
5,000円以上で手数料が無料になります。

「カネイワ醤油本店」では、ご注文後、商品を出来るだけ早くお届けするために、初めてお買い物をされるお客様に【クレジットカード決済】または【代金引換】をお奨めしております。

ヤマト運輸
配送は「クロネコヤマト便」でお送りさせていただきます。 送料は重さにより変わりますのでご注意下さい。
送 料
北海道 1,270 円(税込)〜
北東北
(青森・秋田・岩手)
850 円(税込)〜
南東北
(宮城・山形・福島)
800円(税込)〜
関東・信越 690円(税込み)〜
北陸・中部 640 円(税込)〜
関西 590 円(税込)〜
中国・四国・九州 690円(税込み)〜
沖縄 1,110 円(税込)〜

発送は日本国内のみに限らせていただきます。
No GMO

個人情報について
お客様の個人情報の取り扱いには万全の注意を払っており、お客様の個人情報を、あらかじめ示した提供先(運送会社や決済管理会社等)以外の第三者に開示もしくは提供することは一切致しません。

サイトマップマイページログイン会社概要お問合せ


有限会社 カネイワ醤油本店 〒643-0142 和歌山県有田郡有田川町小川357  TEL:0737-32-2149
Copyright c KANEIWA SHOUYU HONTEN All Rights Reserved

カネイワ醤油本店会社概要 カネイワ醤油本店のプライバシーポリシー 特定商取引法関連 お醤油お買い物ガイド カネイワ醤油本店へのお問合せ
前に見ていたページへ戻る China English