カネイワ醤油本店

醤油造りの風景

醤油づくりの風景

お醤油を造るところを見たことがありますか?

大きな工場じゃなくて、一つ一つの作業を人の手で行い

人の目で確かめながら作業をしているところ

醤油醸造工程

醤油づくりの風景

上の図はカネイワの醤油造り(醸造)の工程を図にしたものです。
結構手間隙が掛かるものだということが解っていただけると思います。
そんな、醤油造りの風景の写真をこのページには並べています。

でも、これがカネイワの日常・・・というわけではありませんが、仕込から醤油が出来るまでの工程を順を追って説明していきます。

素材の吟味

原料の大豆と小麦

醤油の原料である丸大豆(左)と小麦(右)です。どちらも国産の素材です。よく見てください。
すごく綺麗でいいものを使用しているのがわかると思います。あと使用するのは塩だけです。塩はもちろん国産のこだわったものを使用しています。

素材の加工

原料の加工風景

大豆は一晩以上水につけて膨潤したところで圧力をかけて蒸煮します。小麦は小麦は焙煎し、くだいて荒い粉末状にします。
大豆は蒸煮の時間がキモです。きちんと蒸煮されていないと生の大豆タンパク質が残って醤油の濁りにつながりますから、ここはきちんと時間をかけて行います

大豆と砕いた麦を混ぜ、種麹とあわせる

種麹と合わせます

大豆と小麦、それに醤油の種麹をいれて均等に混ぜ合わせ、室(むろ)という醤油のための麹を作るための部屋に入れ、均等に広げます。

麹を作る

麹を作る

ここが職人の腕の見せ所です、その時期の気温や湿度を考え常に室の中を麹を作るための湿度と気温に保ちながら、夜も寝ずに麹の状態を見続けます。これを失敗すると醤油は出来ません。

あとはひたすら混ぜる

2年間ひたすら毎日混ぜます

麹が出来たら塩水を張った樽に麹を入れます。あとは諸味(もろみ)になり、諸味がさらに熟成され、醤油として搾れるまでの約二年間、毎日毎日かき混ぜて諸味に呼吸をさせ、麹が持つ酵素により蛋白質はアミノ酸に、デンプン質は糖に分解されていくのを待ちます。
かき混ぜて空気と混ぜあわせることで酵母に呼吸をさせ発酵をうながしていくのです。長い長い時間、諸味は木樽の中で醤油になる日を待っています。

諸味を絞って醤油にする

諸味を絞って醤油にします

いよいよ諸味を搾って醤油にします。昔ながらの方法で布に包んで搾ります。最近は写真にあるようなプレス機を使っていますがそれ以外は昔からの方法を変えていません。
搾った醤油はまだ火入れをしていませんので生醤油と呼ばれています。

醤油に火を入れて発行を止め、ビンに詰めて完成

醤油に火を入れて発行を止め、ビンに詰めて完成

搾ったままでは醤油の中で酵母が生きています。ですから搾った醤油を火にかけて発酵を止めます。その後ビンに詰めます。これで醤油の完成です。

カネイワ醤油本店コンテンツ

カネイワ醤油本店の話、本物の醤油 醤油は八つの季節を越える 醤油のための麹 醤油造りの風景

カネイワ醤油本店の話、本物の醤油 醤油は八つの季節を越える 醤油のための麹 醤油造りの風景
カネイワのお試しセット
お醤油の保存方法とQ&A お醤油の豆知識集

カネイワの本醸造醤油 手造り蔵出し天然醸造醤油 かけ醤油 古式しょうゆ 生醤油「穀醢(こくびしお)」 淡口醤油(うすくち醤油)

カネイワの調味醤油 卵かけご飯の醤油|無添加 しらす丼の醤油 にんにく醤油 だしポン酢 橙ポン酢

カネイワのだし醤油 だし醤油|無添加 本醸造醤油のだしつゆ めんつゆ

その他の商品 お醤油ギフト 小瓶とお試しセット ノベルティグッズ

お酢 純米酢 米酢 生石酢

FAXでのご注文はこのバナーをクリック カネイワ醤油本店

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

PCビジネスコンテンツ

English

中文

ページトップへ